2005年 06月 12日 ( 1 )

Dirty Rotten Scoundrels

d0014464_1911378.jpg 世の中便利になったといえば、いまやレンタルビデオ(DVD)も宅配してくれる時代。ライブドアが運営している「ぽすれん」に入会してしまいました。
早速借りたのは17年前の映画「Dirty Rotten Scoundrels」(邦題「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」)。スティーブ・マーティンとマイケル・ケインが主役のコメディ映画です。
金持ちの有閑マダムを相手に詐欺を働くローレンス(マイケル・ケイン)と女性をだまして高い食事をおごらせたりお金を騙し取るケチなペテン師フレディ(スティーブ・マーティン)が若い女性をだまして5万ドルまきあげるためにお互いを出しぬこうとして、逆に2人が騙されて金を奪われる・・・というストーリー。
詐欺もペテンも犯罪なのに、軽妙で軽快で小気味良く「犯罪」でることを忘れてしまい飽きません。
ターゲットだったはずの女性が実は新聞記事となった詐欺師「ジャッカル」だったという結末にはやられましたが、彼女が2人の前に再び現われ手を組むのか?と思わせるエンディングには思わずニヤリです。
「24」もいいけど、80年代のコメディ映画には良質なものがありますね。
[PR]
by HSOJ | 2005-06-12 19:00 | Entertainment